木都能代 | 木能実

2019/03/24 22:39

またまたこんにちは!

木能実のある場所は秋田県能代市。
古くから木材が能代に集まり、製材工場がたくさんありました。
そして加工した木は各地へ輸出され、「東洋一の木都」と呼ばれていたそうです。

能代では年に一度秋田県銘木青年会さん主催の「木都のしろ木の市」が開催されています。
製材業者さんと木工職人さんによる材木や木工品の販売会です。
一枚板が破格の値段で販売されていることもある、掘り出し物満載のイベントなのです。


私もちょっと仕事の合間に木の市に行ってきました。
そのあとお店に戻りましたら、木の市から当店へ来てくださったお客様がいらっしゃいました。
「木の市で買ったお皿に木能実のナッツを入れて食べたいから来たんだ」と!
ありがたいお言葉に感動しました。
まさに今日は「木の日」なのだと、この循環はすごいなと一人で勝手に感動してしまいました。
木都能代で木の実(ナッツとドライフルーツ)を販売している実感がわきました。

お客様もお皿選びすごく迷われたようで、「これだ!」というお皿があって、とても気に入っているようでした。
もうお皿は使ったのかな?ナッツはもう食べたのかなと気になります。

私は能代出身なのですが、改めて木都能代に住んでよかったなぁと思ったのでした。
是非来年行ってみてください!